腰痛情報WEB

【腰痛情報WEB】 トップ > 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、繊維輪に裂け目が生じそこから髄核が外に飛び出し神経を圧迫している状態をいいます。

髄核や繊維輪は加齢により弾力が衰えていきます。日常生活の中での不自然な姿勢などが椎間板に大きな圧力をかけ負担が増すとやがて繊維輪に小さな傷が生じます。傷は年齢や時間とともに増えそれが連なりひび割れのようになり、髄核がそのひび割れに入り込んで押し上げ、繊維輪を破って外に飛び出しします。繊維輪は腹側が厚く背側が薄いため、多くは背側に飛び出し神経を圧迫します。腹側にも飛び出すことはありますが、腹側には神経がないので痛みがあらわれません。髄核が繊維輪を破って外に飛び出すと、神経根や馬尾神経が圧迫され痛みが生じます。

症状としては、急激な痛みが起こり、しばらくしてから腰からお尻、大腿部の裏側にかけて痛みやしびれ生じます。また発生した部位によっては知覚マヒ、運動マヒが起こり足の力が弱くなります。

ヘルニアは第4腰椎・第5腰椎・仙骨の間の椎間板に起きやすく、第5腰椎・仙骨の間に起こると、神経根が座骨神経につながっているため大腿骨後面、ひざの裏側から外側、下腿外側、足の外側にかけて痛が起こし座骨神経痛を引き起こします。第3腰椎・第4腰椎の椎間板に起きると大腿の前面に痛みが起こります。

痛みの強い急性期は、その人にとって一番楽な姿勢で安静にしていることが最も大切です。
エビのように丸く横向きに寝る姿勢がよいようです。また、仰向けに寝るときはひざの下に布団や座布団などをいれひざを曲げると腰への負担が軽くなります。どうしても起きて行動する場合はコルセットなどを使い腰部をサポートして腰への負担を減らします。

痛みがひかないときは、消炎剤や鎮痛剤の薬物療法も行い、それでも痛みがひかないときは神経根ブロックや硬膜外ブロックをおこないます。
神経根ブロックはX線で透視しながら炎症を起こしている神経根のみに注射をおこないます。
硬膜外ブロックは脊髄の外側にある硬膜の外側にある硬膜外膣に局所麻酔とステロイドホルモンをまぜた薬剤を注射します。

保存療法を行ってもいっこうに改善がみられない、日常生活に支障をきたしている、運動マヒや知覚マヒが治らなくひどい場合は手術を行います。