腰痛情報WEB

【腰痛情報WEB】 トップ > 腰椎分離症

腰椎分離症

腰椎分離症は体質的に骨が弱い場合と、激しいスポーツによって起こる事が多く、過激な運動が骨に影響を与えます。子供の時期に過激なスポーツ活動などを行って生じる疲労骨折が主な原因だと考えられています。腰椎分離症は腰椎の椎管関節の間で骨が分離したもので、第4、第5腰椎の間に多く発症します。分離した腰椎とその下の腰椎の連結が椎間板だけとなるために脊椎が不安定になり、周辺の靭帯や筋肉に負担がかかり腰痛をひきおこします。
大半は小中学生に多い病気です。

腰椎分離すべり症は腰椎分離により腰椎の椎骨が前方へずれた状態を言い、脊椎分離や椎間板の老化(弾力性・柔軟性の減少)などによっても起こります。多くは第5腰椎に発症し、すべりの度合いが大きいと脊中管の中の神経が狭まれ結果的に脊柱管狭窄症を起こします。

腰椎分離すべり症には、分離症からの腰椎分離すべり症と分離症を伴わない腰椎変形すべり症があります。体を後ろに反らしたときに腰に強い痛みを生じ、また腰が重い、ダルいなどの慢性腰痛のような痛みを感じるのが特徴です。

10代から壮年期の比較的若い人に起こりやすく、10代前半に激しいスポーツをおこなって疲労骨折が治らないまま分離したケースが多くみられます。

腰椎分離症は早期発見、早期治療が大変重要です。分離症が出現してから時間が経過していると、治療をしても骨がつかない事があるからです。放置していても分離症は治らず、腰痛の原因になります。症状がひどい場合は分離すべり症に進展する場合があります。

腰椎分離すべり症の症状の多くは腰痛です。しかし、中には腰痛や臀部の痛み、足先の痛み、痺れ感などもあります。

分離症の治療としては保存的療法を行います。腰に負担のかかるスポーツを制限し、薬物療法(湿布や鎮痛剤の投与)やコルセット(装具療法)による固定などで腰への負荷を軽減させます。リハビリテーションでは温めることで血液の循環が良くなり、痛みが改善されるので、温熱療法を行います。理学療法士(PT)の行う腹筋・背筋の筋力強化や腰背部のストレッチを行うとともに腰痛症に準じたリハビリテーションを行います。腰への負荷を軽減させ安静を保つなどの治療が有効です。

しかし、それでも症状が改善されない場合は、神経根ブロックや椎間板ブロックを試みます。