腰痛情報WEB

【腰痛情報WEB】 トップ > 腰部脊柱間狭窄症

腰部脊柱間狭窄症

腰椎の脊柱管が狭くなる病態を示すものです。そのなかを通っている神経が圧迫されることにより、腰痛や脚のしびれなどのさまざまな症状が出てきます。

生まれつき脊柱管が狭いことが素因になりますが、だからといって必ず症状が出るものではありません。加齢による変形性腰椎症や腰椎すべり症を発症することで、脊柱管の狭窄状態が起こり、神経が圧迫されることになります。

特徴的な症状は間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。
間欠性跛行とは、歩き始めはとくに症状が強いわけではないのですが、しばらく歩くと脚が痛くなったり、痺れたり、強張ったりして歩くことができなくなる状態を指します。重症の場合は50mも歩かないうちに症状が強くなって歩けなくなったり、5分程度立つだけでも症状が出たりします。しゃがんだり座ったりすると症状はすぐになくなり、また歩いたり立ったりできるのが特徴です。これは立つことで構造上、脊柱管がいっそう狭くなり神経を圧迫するためで、体が前かがみになると脊柱管がやや広くなり、神経圧迫は解除されて症状はなくなります。

間欠性跛行がある場合は、整形外科を受診しましょう。年齢のせいだろうと放置すると、どんどん症状が進行することがあります。とくに両脚のしびれや麻痺がある場合は、重い症状であるという認識が必要です。

狭窄があるから症状が必ず出るとは限りません。本当に脊柱管狭窄症が原因であるかどうかを確かめるためには、他の病気と鑑別する必要があります。この病気は高齢者に多いために、変形性膝(しつ)関節症のような脚の関節の病気や、閉塞性動脈硬化症のような血管の病気でも同様な症状が出ます。これらの病気を除外し、さらには腰椎の神経ブロックにより一過性にでも症状がとれることが確認できれば、診断が可能となります。

脊柱間狭窄症の場合は、神経を圧迫するような動作や姿勢を避けることです。背中を反らせる姿勢は、脊柱管をより狭くして神経を圧迫するので、脊柱管を少し広くするためには、歩く際に前かがみの姿勢を心がけます。杖やカートを使ったり、自転車に乗るなど日常生活を少し工夫することでかなり症状を軽減できます。

痛みをとるためには消炎鎮痛薬や血流改善薬などが使用されます。薬で痛みが改善しない場合は、神経ブロック注射が有効です。神経ブロックを数回行うことで症状が消えることもあります。薬や神経ブロックを中心に、さらにコルセットを装用したり、牽引(けんいん)や温熱慮法を併用して治療します。

このような治療を3カ月ほど行っても症状が改善しない場合は、手術的治療を考えます。手術的治療の基本は、狭くなっている脊柱管を広くして神経の圧迫を取り除くことです。手術方法は、「開窓術(かいそうじゅつ)」、「椎弓(ついきゅう)切除術」「脊柱管拡大術」などがあり、神経の圧迫のされ方により選択されます。